FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルグアイ料理と言えば何といっても肉!

ウルグアイ料理と言われても、なかなかピンとこないけど、とにかく肉だ。


ウルグアイ人はパリージャ(Parrilla)が大好き。

牛肉の巨大な塊や、鶏肉や、チョリソソーセージや、モルシージャ(血・玉ねぎ・スパイス入りの黒い腸詰めソーセージ)、チーズなどを、真っ赤な炭火を熾した大きな金網の上で豪快に焼く。

20171212_212357.jpg

家探しをしていた時も、部屋を見せるより先に「このマンションにはパリージャコーナーがあるから、人を呼んでパーティするのにもってこいですよ」などと一階の中庭に面したバーべキュー・ルームにまず案内された。

なるほど、ウルグアイ人の知り合いが徐々に増えてきて家に呼ばれると、必ずと言っていいほどバリージャだ。

メインはもちろん牛肉の炭火焼きだが、私が大好きなのは焼きあがったチョリソソーセージをパンにはさんだチョリパン。ウルグアイのチョリソはスペインのとは違って牛肉ソーセージ。生では食べられない。緑色のチミチュリ・ソース(パセリ、オレガノ、玉ねぎ、にんにく、唐辛子などで作る)をかけて食べる。これが癖になるおいしさ。


そして、プロボローネチーズ!

こってりもちもちあつあつのチーズステーキ。

20171212_212900.jpg


レストランのメニューも、網焼き肉かパスタがメインのところが多い。


そしてなぜかスペイン料理のレストランがない。

もちろん日本料理のレストランはない……。

Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。