Semana Santa 聖週間

今年2017年のセマナ・サンタ 聖週間(受難週)は、4月9日(日)から15日(土)まででした。

イエス・キリストがエルサレムに入場してから、十字架にかけられて受難した1週間の出来事をたどり、記憶する伝統行事で、ああやっぱりスペインはカトリックの国だなあと実感できる習慣です。


4月9日(日) 枝の主日 (キリストがエルサレムに入場)

4月13日(木) 聖木曜日 (最後の晩餐)

4月14日(金) 聖金曜日 (キリストの受難と死)

4月15日(土) 聖土曜日

4月16日(日) 復活日 (イースター)


聖木曜日と聖金曜日は、スペインのほとんどの地域で祝日になっていて、この連休を利用して観光やビーチに行く人の大移動があり、マドリードはお店やレストランが閉まり、住民がいなくなり、歩いているのは観光客だけという状態になります。

私は、去年に続いて、セマナ・サンタの本場、セビリアに行ってきました。

普段は教会の中に鎮座しているイエス・キリスト像やマリア様の像が、神輿に載せられ、信心会(コフラディア)の屈強なコスタレロたちに担がれ、十字架を背負った信者や、カピロテ(円錐形の帽子)をかぶったぺ二テンテ(懺悔する人)、音楽バンドに囲まれて街を厳かに練り歩きます。


DSC00280.jpg


DSC00310.jpg


DSC00276.jpg


DSC00284.jpg


バルコニーの上や、路上から、行列に向かって宗教歌を歌う声が聞こえると、行列が止まってしばしみんな静かに歌に耳を傾けます。

DSC00304.jpg


女性は、マンティージャという黒レースのベールをかぶります。

DSC08856.jpg


そして、セマナ・サンタのお菓子と言えば、トリハ。スペイン版の甘~いフレンチトーストです。

DSC00321.jpg


来年2018年のセマナ・サンタは 3月25日からです。

Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する