FC2ブログ

エッシャー展 Maurits Cornelis Escher

アレナル通りを歩いていたら、 「エッシャー展」をやっていたので、のぞいてみた。

マウリッツ・コルネリス・エッシャー(オランダ、1898年-1972年)。

ちなみに、エッシャーさんと私、誕生日が同じ日(6月17日)でした♥

エッシャーの作品は、ハウステンボスで見てすごく気になっていたので、またたくさんの作品を見ることができてすごくラッキー。

入場料、12ユーロは安いとはいけないけれど、これまで世界で70万人以上が見た人気の展覧会だそうだ。200点以上の作品が展示されている。

今開催中のマドリードで展覧会は、会場自体も築170年のガビリア宮殿で、天井画やアンティークの大鏡など見どころ満載の歴史的建造物。


escher.png




DSC00123.jpg


2色刷りでトカゲや鳥や馬みたいなパターンがジグソーパズルみたいに描かれ、

どっちの色に意識を集中してみるかで見えるものが変わってくるような印象の不思議な作品。


白黒の鳥と魚

DSC00125.jpg


こちらはいろんな動物や、人間や、悪魔や、ギターや・・・

DSC00124.jpg

幾何学的な模様を連続して使うのは、グラナダのアルハンブラで見たタイルの装飾モチーフからインスピレーションを得たとか、バッハのカノンの旋律が好きだったとか、「なるほどー」とうなずける発見がありました。escher2.jpg

この作品なんかは見ていてダリの作品を思い出しました。


DSC00128.jpg

エッシャーの絵には、目の錯覚を利用した、だまし絵がたくさんあるけど、それを体感するためにこんな工夫を凝らした展示がされていた。 この絵を見て、私は、素直に椅子が4列に並んでいると思ったけど、ほとんどの人は真ん中にはソファーがあると思う、という説明が添えられていた。真ん中の布をめくってみたら私が思った通り、4列に並んでいた。皆さんはどう思いますか?




エッシャー展

2017年2月2日から6月25日まで

Palacio de Gaviria, Calle del Arenal 9

http://eschermadrid.com/



Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する