FC2ブログ

スペイン流夏休み Vacaciones en España

DSC09524.jpg
去年の夏と同じく今年もまた、8月後半スペインの南、カディス県ラ・バロサで海水浴三昧で過ごしました。
大西洋岸のコスタ・デ・ラ・ルス(光の海岸)と呼ばれるところです。
マドリードから約700キロ、約7時間のドライブで、ラ・バロサビーチに到着。
まずは、不動産屋さんで、アパートの鍵をもらって これから2週間我が家となるエル・アマネセールへ。 
親戚3家族も近所に部屋を借りています。
夏の親戚づきあいの始まりです。
20160817_190129_resized_1.jpg

夏の朝はゆっくり。
朝食をすませると、お昼前にビーチに降りて、ビーチパラソルを立てます。
そこを拠点に、海水浴をしたり、波打ち際をお散歩したり、本を読んだり、親戚たちとおしゃべりしたり。
DSC09575.jpg

お昼ご飯は3時から4時。部屋にもどったり、海辺の食堂で食べたり。お魚や魚介類が新鮮でおいしいです。
冷たいビールやティント・デ・ベラノ(赤ワインのソーダ割り)も進みます。
20160826_151445.jpg

DSC09546.jpg

DSC09545.jpg


お腹がいっぱいになったら、しばしシエスタ(お昼寝) ZZZZZ
日が傾いて涼しくなってきたら、またビーチに繰り出して泳いだりお散歩したりおしゃべりしたり。
テニスやパデル(スペイン発祥と言われているテニスに似た球技。卓球のラケットを大きくしたようなラケットで壁に囲まれたコートでプレイする)で日頃の運動不足を解消したり。
IMG-20160820-padel.jpg

大西洋に夕日が沈んでいくのは9時ころです。
DSC09587.jpg

部屋に戻ってシャワーを浴びて軽く夕食をとって、11時くらいになるとまたみんなで待ち合わせて飲みに行きます。
こんな毎日の繰り返しであっという間に1週間が楽しく過ぎましたが、2週目、突然アフリカからの熱風レバンテが吹き荒れました。
暑いのもまいりましたが砂交じりの嵐のような風で、ビーチに出ていく人もまばらでした。
みんなプールで泳いだり、カディスや近くの村に観光にでかけたりしていたようでした。
こんな風に夏を過ごし、マドリードの町には焼けた肌の人たちが、普通の生活に戻っています。
また来年のバカンスのために1年せっせと働かなくっちゃ。
休暇明け症候群にかかる人もいるようですよ。



Category: スペイン

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/20 (Thu) 12:50 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する