スペイン夏のバカンス大移動

スペインは夏のバカンスまっただ中。
スペインでは夏に長期で有給休暇をとって、家族で田舎に帰ったり、ビーチでバカンスを過ごす人が多く、交通局の発表によれば、7月と8月の2か月間で、延べ8,150万の長距離ドライブが見込まれている。
一番のピークは2007年の8,800万で、ここ数年景気が悪くバカンスで移動する人の数もやや落ち込んでいたが、去年、今年と上向いているのは、景気が少しよくなってきたひとつの証拠かもしれない。

i.jpg 写真 RTVE

都会からビーチを目指す大移動の第1波は、7月3日~5日だった。
そして、7月の休暇から帰る人&8月に休暇に出かける人による第2波が今週末昨日7月31日~8月2日だ。
あと2回、8月14日~16日、8月28日~31日と続く。
私も8月の後半は海水浴だが、3回目の波をさけて、17日に移動しようかな?

モロッコなどアフリカからヨーロッパに出稼ぎに出ている人たちのお里帰りもある。
その数、250万人。
彼らはヨーロッパ各地からスペインのアルへシラスに移動してきて、そこからフェリーでジブラルタル海峡を渡る。

Category: スペイン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する