FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マドリード市役所に巨大なレインボーの旗が

DSC07871.jpg
今日、シベレス広場のマドリード市役所の前を通りかかったら、ゲイ・プライドのシンボル、レインボーカラーの旗が正面ファサードに掛けられていた。
そういえば、今日から5日まで、チュエカを中心にセントロで、マドリードのレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)のお祭りMadrid Orgullo(MADO)。
マヌエラ・カルメナ市長が、MADO の期間中は、市役所、駅、空港に虹の旗を掛けようと言っていたな。
駅、空港側は、市役所が旗を用意してくれるなら、と条件を出していたけど、どうなったかな?
MADOのお祭りは毎年すごい賑わいだけど、スペインは同性婚も10年も前から合法化されていて、同性カップルに比較的優しい社会だと思う。
私の周りに同姓の夫婦は結構いる。

マドリードの市長は、これまで国民党のアナ・ボテリャ(アスナル前首相の奥さん)だった。
5月24日の自治体選挙で、国民党が最多の得票をしたものの、得票数2位の新党Ahora Madrid (ポデモスなど左翼系、独立系の政党の集まり)が社会労働党などの協力を得て、市長はAhora Madrid の候補者マヌエラ・カルメナさんが指名された。
6月13日に就任したばかりだが、今回の虹の旗の他にも、富裕層が保有している空家はNGと言ったり、バス地下鉄で市役所に通勤したり、刑務所の囚人たちが作るベビー服の店を開店すると発表したり、いろいろこれまでとは違ったことをやりそうな予感。
私が通っているスポーツクラブも広大な敷地が活用されていないと、市民に開放されるかもらしい。
そしたら月々の会費や入場料タダになるのかな?

Category: スペイン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。