FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリや置き引きには気をつけましょう

私はスペインで危ない目にあったこともなければ、物を盗まれたこともないが、被害にあった人の話はよくきく。
長年の夢だったスペインに観光に来た途端に、マドリードの路上でバッグをひったくられたけど、自分も不注意だったと気を取り直して次の観光地バルセロナに向かったものの、そこでまた強盗にあって、もう二度とスペインになんかいくもんかとスペイン嫌いになった人の話とか、ポケットに手を入れたらスリの手を握ってしまったとか、スリに盗まれないようにチャック付のバッグにしていたのに神業的に財布をすられてしまったので、バッグの中にさらにファスナ―付のポケットを縫い付けた友人の話とか、長年スペインに住んでいる友人で、あやしげなジプシーのお兄さんがつけてくるのに気が付いて、「おまえ、泥棒だろう、俺の財布をねらっているのはわかってるぞ、泥棒!泥棒!泥棒!」と話しかけて追い払った話とか、レストランの屋外で食事中にテーブルの上に置いてあったケイタイ電話を通りがかりに持ち去られたとか・・・。
スペイン人でも、バッグを肩から斜めにかけたり、リュックを背中ではなく胸に抱えている人はよくみかける。
私は今まで痛い目にあったことがないせいか、ついつい不注意になり、よく通りかかりのスペイン人のおばさんにバッグがあいてますよと注意される。
メルカド(市場)に行って、タパスをつまみながらビールを飲んでいた時も椅子の上にバッグを置いていたら、警備員が来て、危ないからフックに留めておくようにと親切に指導してくれた。 
なるほど~。これなら安心だ。
mercado.jpg

Category: スペイン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。