Semana Santa 聖週間

DSC07299.jpg
 DSC07300.jpg DSC07297.jpg

近所の教会の前にある公園でビールを飲んでいたら、白いチュニックを身にまとった神父さんらしき人を先頭に、椰子の枝やオリーブの束を持った人たちが続々と教会に行列してきた。
そうか、今日はDomingo de Ramos 棕櫚の日曜日、ナザレのイエスが凱旋する王のように群衆から歓迎されてエルサレムに入場した日。
白い服を着ているのがイエス・キリストということかな?
その後ろを何百人もの人たちが教会に入っていた。これからミサがあるだろう。
これから、最後の晩餐の聖木曜日、受難の聖金曜日、復活祭の日曜日までセマナ・サンタが始まる。
日本のゴールデンウィークのように、長い一週間の連休なので、田舎に帰ったり、スキーに行ったり、旅行に行ったりした人も多く、マドリードはいつもの週末よりひっそりしている。
Category: スペイン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する