FC2ブログ

スペインの電圧は220V

スペインの電圧は220V、プラグは丸型。
だから日本やアメリカの110Vの電気製品はそのままでは使えない。

DSC07261.jpg 
コスタリカからスペインに引っ越しする時に、110Vの電気製品は全部売ったり、友達にあげたりした。
唯一ヤマハのキーボードは手放しがたくてとりあえず引っ越し荷物に入れて持ってきたけれど、変圧器と壁の差し込み口をつなぐケーブルが無くて、そのまま眠っていた。

DSC07260.jpg

最近ちょっと暇で、久々に弾いてみるかと、意を決して電気屋さんへ。
両端がオスプラグの差し込みくださいっていったら、それは特注だという。
ちなみにオスプラグっていう言葉初めて覚えた。
スペイン語でもCable con dos enchufes machos
数ユーロですぐにやってくれるというので、お願いして作ってもらった。
でも帰りぎわに、「これはとても危険なものです。まず電圧器、それから壁の差し込みという順番を守るように。絶対に最初コンセントにつながないように、感電してしまうよ、くれぐれも取扱いには注意するように」と言われた。
確かに、電源につなぐと、反対側のプラグには電気が通ってるから触ったら感電するよね。
理科音痴の私でもわかるわ・・・

DSC07245.jpg

DSC07246.jpg うっかり触らないように、念のために絶縁テープで固定。

引っ越しのとき、コスタリカで使っていた日本製の炊飯器も、マドリードでは使えないと思って友達にあげてきた。
だから、今はお鍋でご飯を炊いている。これが結構簡単でおいしい。

ただ、美味しいパンになかなか出会えない。
ベネズエラやコスタリカのパンはまずかった・・・スペインはかなりおいしいけど日本のパン屋さんのパンには遠く及ばない。
日本にいるときは気づかなかったけれど、日本のパンはレベルが高い!
日本では、パン屋さんのものもスーパーで売っているものもとってもおいしい。
だからというわけでもないだろうけれど、この前、マドリードの住む友人が、日本で購入した220Vの炊飯器でパンを作っていた。
手作りで美味しいパンができるといいな。
今度帰国したら探してみよう。
Category: スペイン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する