FC2ブログ

カボ・ポロニオ自然保護区 Cabo Polonio



20181224_120123.jpg


モンテビデオから ビーチ街道IB (inter balneario)と海沿いの10号線を東に250km. 

車で3時間半ほどのところに、カボ・ポロニオ自然保護区の入り口はある。

目的地のカボ・ポロニオ村には、自家用車ではいけない。


砂丘と灌木の森の間の道なき道を10キロ近く歩くか、2階建ての4x4のオープンバスに乗り換えてガタゴトガタゴト30分。

岬の先端の灯台(写真を撮り忘れた…)の左右に、南ビーチと北ビーチがあり、カラフルなペンキで塗られたマッチ箱のような家が点々と砂の上に建っている。

なんだかヒッピー村に迷い込んだような風情だ。

電気は通じていないとどこかで読んだが電柱があるところを見ると、今は電気が通っているのかもしれない。

20181224_130549.jpg

20181224_130902.jpg

あ、ここに灯台が小さく写ってた…。


20181224_131038.jpg

「世界一貧しい大統領」として世界中で有名な、ウルグアイ前大統領ホセ・ムヒカが描かれたお家も。


灯台の足元の岩場にはアシカ(lobo marino)がたくさんいると聞いていたが、海で泳いでいる数頭のアシカの頭が波間からみえただけで、残念ながら日光浴をするアシカの大群を見ることはできなかった。

でも、海岸のそこここにアシカの死骸が…。

なんでだろう。ここを死に場所にしてるとか?


20181224_150254.jpg 20181224_125156.jpg


本当にきれいな青の空と海。

明かりが少ない分、夜はきっと降るような満天の星空が見えるんじゃないかな。


Category: ウルグアイ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する