FC2ブログ

Hospital Britanico の忘年会

12月に入って、ウルグアイでも忘年会たけなわ。

忘年会はスペイン語で、普通Fiesta de Fin de Año だけど、ウルグアイではFiesta de Despedida de Año と言うことが多いみたい。

私も、ウルグアイ外務省主催外交団忘年会、Centro Gallego (ガリシアセンター)の忘年会、スポーツジムのZumba クラスのカラオケ忘年会、私が通う病院のDay Careチームの忘年会などなどに参加しました。

抗がん治療でお世話になっている病院British Hospital のDay Care チーム主催の忘年会は、ドクター、看護師さん、病院スタッフ、患者、家族などが病院のオーディトリアムに集まり、食べ物持ち寄りでアットホームに開催。

20181216_083854.jpg


いつも個室で点滴するので他の患者さんたちと顔を合わせることがあまりないんだけど、こんなにたくさんのお仲間がいたんだとびっくり。


20181214_195121.jpg

10歳くらいかな、抗がん剤で髪の毛が抜けてしまった女の子がルイス・フォンシのNo me doy por vencido (私はあきらめない)を天使の声で歌ったときは胸がいっぱいになって涙が止まらなくなっちゃった。

20181214_192759.jpg

看護師さんたちの目が優しいこと。


20181214_204909.jpg

マジシャンのダニエルさん。結構有名人みたい。

http://www.danielk.com.uy/

トランプや、スカーフを使ったおなじみの手品もあざやかで楽しかったけど、観客二人を選んで、ダニエルさんと3人で日本語で会話っていうのがあって笑えた(もちろん、日本語っぽく聞こえるように話すっていうことだけど)。でも始める前に、看護師さんが「今日は問題あるよ。正真正銘本物の日本人がいます!」って言っちゃって、マジシャンさん「えっ、まじで? そんなの初めて。プレッシャーかかるなあ」だって。で、ウルグアイ人3人の日本語もどき会話はめちゃくちゃだけど、中国語っぽかったな(笑)


とても面白いマジックショーだったので、名刺をもらいましたが、さすがマジシャン。ただの名刺ではありません。光にかざしてみると携帯番号とかウェブサイトが見える名刺です。

20181217_135941.jpg


看護師さんたちの素顔も垣間見えた楽しい午後。

みんなで治療がんばって元気になろうと、なんだか一体感をもてた、ファミリーのように感じられた忘年会でした。


Category: ウルグアイ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する