FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アウシュヴィッツの図書係」12刷!

38612506_672354896466605_33134521637404672_n_LI copia


「アウシュヴィッツの図書係」2016年7月10日に初版が出てから、思いのほか好調で、版を重ね12刷が出ました。


友人からの指摘で、

300ページの最後に部分、(エディタがマルケッタ先生に「モンテ・クリスト伯」の生きた本になってくれと言う場面のあと)
「棚の向こうの森に向かって走るチャンスが巡ってきたとしても、・・・」の部分、
「棚」 は 「柵」 の誤植。12刷を機に訂正してもらいました。

読者の皆さん、販促・宣伝を続けてくださる集英社さん、応援してくれている友人たち、ありがとう!

去年の全国読書感想文コンクールで、この本で感想文を書いた生徒さんが<中学校の部>と<高等学校の部>でそれぞれ文部科学大臣賞を受賞したのはとてもうれしいニュースでした。
今年の夏休みも「読書感想文におすすめ」と集英社さんがPRしてくれています。
ところで、「夏休みの読書感想文の宿題」というのは、日本独自の習慣らしいです。
スペインの出版社にも本や読書の奨励にいいのではと教えてあげましたが、あまり関心を持ってもらえませんでした。
「夏休みに宿題」というコンセプトがないのかな?


Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。