ARCO2015 (現代美術見本市)

以前から行ってみたいと思っていたARCO(現代美術見本市)に行ってきた!   IFEMA マドリード見本市入場券が40ユーロだったので、かなり迷ったが、思い切って行ってよかった。観るブースみんな特徴があって、すごく刺激的。広い会場にスペイン、ヨーロッパを中心に212のギャラリーが出展して、いろんな作品があふれていたけれど、一番気に入ったのは、イギリスの作家ジュリアン・オピーの作品。絵あり、彫刻あり、電光パネ...

スペインでお葬式

友達のハビエルのお母さまの葬儀ミサに行きました。夜8時半からミサ開始でしたが、教会の中は参列者でいっぱいで、ほとんど入りきれないほどでした。やっぱりスペインはカトリックの国だなあということを肌で感じた夜でした。みんなちゃんとお祈りの言葉を暗唱できるし、讃美歌もそらで歌えるし、そしてなにより、聖体拝領をする人が参列者の半分くらいいて長い列ができました。いつも思うことだけれど、カトリックのミサの儀式は...

生バルガス=リョサを観た! Los Cuentos de la Peste de Mario Vargas Llosa

ノーベル文学賞作家のマリオ・バルガス=リョサの戯曲で、、『ペストの物語 Los Cuentos de la Peste』 を観に行った。自らも俳優として出演していることも話題で、チケットはほとんど完売。スペイン人の観客たちも、「生バルガス=リョサを観られる」というのにつられてきている人も多いらしい。私の隣の席の女性は、キャンセル待ちでやっと1席確保して、ご主人は近くのバルで飲みながら彼女を待っているということだった・・・...

『日本とスペイン ふたすじの道』

日本とスペインのビジネスに長年たずさわってこられたペドロ・ガリョさん。上智大学で ”日本語で” 社会学を修めたガリョさんが、3冊目の本を出されたと聞いて、国際交流基金(c/. Almagro, 5)で開催された発表会に行ってきた。本のタイトルは、「日本とスペイン ふたすじの道」 Japón España: la Vía dual Un camino cordial de acercamiento a JapónEditorial Verbum2013年から2014年にかけて開催された日本スペイン交流400...