スポンサーサイト

スペインでコロッケと言えばクリーム・コロッケ Croquetas españolas

コロッケと言えば日本ではじゃがいものコロッケが主流だけれど、スペインではコロッケと言えばベシャメル・ソースを使ったクリーム・コロッケ。中身は生ハム、タラ、ツナなどいろいろ。いつもおいしい手作りコロッケを作ってくれる友人に家に来てもらって、作り方を教えてもらった。今日のコロッケは、彼女の故郷ガリシアのツナ缶(オリーブオイル漬け)。ツナ缶のパッケージの写真には彼女のおうちが写っているって教えてくれた。...

Matadero 現代アート文化センター マタデロ

マドリードの現代アート文化センター マタデロに行ってきた。名前は聞いたことがあったが行くのは初めて。20世紀初頭に建てられたマドリードの家畜市場兼屠殺場の建物を改造したものだが、こんなに広大な施設とは想像もしていなかった。 ホームページをみると総面積 165.415 m 2とあるから、東京ドーム3.5個分くらい。貯水タワー跡らしき入口を入ると、かつて家畜市場や屠殺場として使われていた煉瓦造りの建物が今は改造されて...

洗濯機が違う!

引っ越ししてきたお家には、台所の流しに横に洗濯機が備え付けられていた。台所に洗濯機っていうのも違和感あるけど、ま、だだっ広い台所だからいいか。それに台所の戸棚の一部が掃除用具入れっていうのももっと違和感あるけど、それもそのうち慣れるだろう。で、マニュアルないから適当に何度か使ってみたが、仕上がりが気にいらない。何のために30°から90°まで細かく温度調整があるのだろう・・・90℃のお湯で洗うってほとんど煮...

サン・フェルナンド・スペイン王立美術アカデミー Real Academia de Bellas ARtesde San Fernando

サン・フェルナンド・スペイン王立美術アカデミーに行ってきた。プラド美術館、ソフィア王妃美術館、ティッセン美術館の影で地味な存在だが、一歩足を踏み入れるとびっくりだ。ゴヤ、スルバラン、リベラ、ティントレット、ルーベンスなどなどスペイン、イタリア、フランドル美術の傑作のオンパレード。私の今回のお気に入りは イタリア人画家ジュゼッペ・アルチンボルドの『春』そしてゴヤの『鰯の埋葬』ご一緒させてもらった木下...

アジア食材の店 IBERO CHINA

地下鉄1号線Tetuan 駅近くのアジア食材店Iberochina Inernacional Calle General Margallo 通りに同じ名前のお店がいくつか並んでいて、日本食材や食器なんかが結構手に入ることがわかった。コスタリカにいたときよりも日本食材がずっと安くいろいろと入手できそうで、和食が身近になった感じで嬉しい。今回は、醤油、みりん、豆腐、にんにくの茎、出前一丁、甘酢生姜、生の生姜 を買ったが、今度はごま油とか、お味噌とか探して...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。